保証会社による返済

カードローンは効率的に効果的に使いたい

保証会社による返済

銀行カードローンの利用条件の中には必ず、「保証会社の保証を受けられること」という文言が入っています。

 

カードローンというのは本来、無担保・無保証人ではありますが、銀行カードローンの場合は、利用者が自ら保証人を用意する必要は無い、という意味になっています。ちなみに、保証会社には当該銀行グループの貸金業者がなっています。

 

そして、利用者が銀行カードローンの返済を滞らせると、保証会社が代位弁済をします。代位弁済というのは、利用者に代わって返済の義務を遂行するということです。ただ、正確には返済をするのではなく、保証会社が債務者に対する債権を銀行から購入することになります。

 

代位弁済が行われるのは、一般的に利用者が3ヶ月間返済を滞納した場合が多くなっています。なお、代位弁済が実行されると、以後の返済は保証会社にすることになります。しかも、契約違反によって分割払いという期限の利益が消滅しているため、一括返済を要求されます。

 

さらに、代位弁済の記録は信用情報機関にもブラックリストとして登録されるため、他のカードローンからの借入はできなくなりますし、クレジットカードの利用も不可となります。そのため、無理な借入をしないことは当然ですが、返済が滞りそうな場合は速やかに銀行に相談すべきです。

MENU